多摩川歩きー3(JR立川駅―多摩川―JR羽村駅)

多摩川歩き3

多摩川(JR立川駅―多摩川―JR羽村駅)
(目安)距離:約18km 時間:3時間40分
(GPSロガーが1時間ほど調子悪かったので距離はおおよそです。)
今回のコースの地図を、文章の最後に載せています。

立日橋周辺から上流

JR立川駅から15分程、多摩川歩きスタートです。
雲は多いですが、晴れが続いてくれればなと思います。
気持ち良く歩きたいので。

立日橋・多摩モノレール

前回(多摩川歩き―2)とは反対側から眺めます。

立川市民運動場周辺

海から42km地点です。1kmごとに道標があるので、歩く時の目安になります。


中央本線を超えてしばらくは、草の緑と川の青さを眺められながらのんびりと歩けます。

雇用促進住宅郷地宿舎周辺から上流

多摩大橋が見え始めました。
川の景色が少し変わります。
岩のような中洲、これからだんだん上流の感じが出てくるのか期待感が高まります。

多摩大橋

少し晴れ間も見えてきた、橋の綺麗さが映えます。
写真はそれほどでもないけれど・・・。

日野用水堰

八高線を超えてしばらく。
堤防の遊歩道から細い道を見つけたので、川に近寄ってみると良い景色を発見。
しばらく眺めていたかったけど、おじいさん3人組くつろいでいたので邪魔をしない様に、とりあえず写真を1枚だけ。

昭和用水堰

拝島橋周辺まであまり川が見えません。少し残念。
拝島橋から15分程で堰が見えてきます。
しばし変化を楽しみます。

睦橋

福生南公園の北端から1枚。
広場のある綺麗な公園です。子供が走り回ってました。
楽しそうで微笑ましい。自分もそんな年になったのだなと感慨深く。

睦橋の上流

桜並木が続きます。桜の季節は賑わうのでしょうね。

五日市線鉄橋の手前

反対岸(右岸)は小石の川原が広がります。
川のカーブの内側の特徴的な景色ですね。
だいぶ川を上ってきた感があります。鮭の気分??

多摩橋の上流から

福生柳山公園

川向きのベンチと園内向きのベンチがあります。
個人的にはベンチは川向きでお願いしたいです。

永田橋の上流

ここからしばらく、整備された護岸の道を歩きます。
目線を少し遠く、対岸の自然の変化を眺めながら。

羽村大橋

橋の高さに両岸の高さを感じます。
河岸段丘ってやつですね。

羽村大橋の上流

羽村堰下橋から下流

羽村堰下橋から上流

羽村堰下橋は歩行者専用です。
正面に迫力のある羽村取水堰が望めます。
ここで多摩川ともお別れです。
羽村駅まで10分弱です。駅までは坂道が続きます。さすが河岸段丘。

今回のコースは中流域から上流前半ぐらいの変化を楽しめます。
堰が多いのも改めて感じました。それだけ高低差もあるということでしょうか。また、用水として生活に密着していることを感じます。
おかげで写真も堰と橋のものが多くなってしまいました。
「川好き」の付録として、堰も橋も無人駅も好きですよ。

他の川歩きも覗いてみてください。